2015年06月27日

2番花?

ガーデンを公開して5年、元自宅、現在カフェを建ててから9年、
あちこちに補修が必要となってきました。

特に待ったなしが、玄関のパーゴラ。

四角い大きな柱を枕木に交換したのですが、
これがなかなかにたいへんなのです。

IMG_1621.jpg

見た目はとてもすっきりしていい感じ。
右側がやっと終わって、来週からは左側を。

4月、5月と、鹿の被害で壊滅的になってしまったバラたちですが、
来年は同じことをさせてたまるか、ということで・・・

IMG_1624.jpg

直径が15cm、長さが3mもある木杭と

IMG_1623.jpg

手前に見える大きな筒状のものが、フィールドフェンスと呼ばれる
金属のしっかりとして金網なのです。

北海道などの牧場の柵として使われているものです。

パーゴラの修理が終わったら、こんどはフェンスづくりです(T-T)
やることがいっぱいなのだ♪

それでも、こちらを見ると、元気がでてきました。

IMG_1626.jpg

5月の中旬にバラのつぼみを鹿に食べられてしまって、
その後、なんとかいろんな対策をして被害を食い止めたせいか、
ここに来て、ガーデンのあちこちでバラが咲いています。

IMG_1629.jpg

本来なら、2番花、なのでしょうが、
1番花が咲かなかったので、なんと言えばいいのでしょうか。

アンブリッジローズや

IMG_1659.jpg

アブラハム・ダービーは、繰り返し咲きしてくれるので、
この後も、期待できそうです。

謎なのは、本来、1回咲いておしまいの、オールドローズも

IMG_1614.jpg

今頃になって咲いているのです。
このバラは鹿の被害にあっていないので、なんだか不思議です。

IMG_1632.jpg

バラを咲かせるために「摘蕾」(つぼみを取る)をするらしいのですが、
うちではあまりやりません。

IMG_1650.jpg

でも今年は、鹿が強引にほとんどの蕾を食べてしまったので、
むちゃくちゃな「摘蕾」になったのでしょうか。

IMG_1665.jpg

梅雨入りしたにもかかわらず、意外とバラたちも元気です。

IMG_1630.jpg

確かに黒点病はちらほら出ていますが、例年に比べればいいほうで、
今年の鹿の食害はもしかしたら無農薬バラ栽培のヒントになるかもしれませんね。

IMG_1616.jpg

この方は、ドリプレガーデンにしては珍しい現代バラで
とにかく大柄で華やか。スタッフの間では「叶姉妹」と呼んでいます♪

雨に打たれたアジサイもけっこうきれいですね。

IMG_1654.jpg

アガパンサスも咲いてきました。

IMG_1673.jpg

メインガーデンでは、セージがぐんぐんと背丈を伸ばしています。

IMG_1667.jpg

池の睡蓮は毎年増え続けて、はじめは3つくらいしかなかったのに、
今では15個くらいに増えています。

IMG_1640.jpg

僕はこのメインガーデンに入る時の風景が好きで
すぐに写真に撮ってしまうんですよね。

IMG_1639.jpg

特に夕方がきれいなんです。

現在、リハビリに励んでいるニャジラですが、

KIMG0348.jpg

なんとか、来週にはテラス復帰できそうです♪

リリーちゃんも、

KIMG0352.jpg

同じポーズを取っているのは、なぜ・・・

つづく♪
--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人邸ガーデン『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 07:14| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

モイちゃんのこと。

5月15日、金曜日の夕方、モイちゃんが旅立ちました。

一週間前から体調が悪く入院していました。
この日は面会の日で、ちょうどバラのハイシーズンが始まったばかりで
なかなかガーデンを抜けられず、せつさんと夕方の6時過ぎに病院へ向かいました。

あと5分で病院に着くというところで、病院から電話がありました。

「たった今、モイちゃんがお亡くなりになりました。」

ちょうどせつさんと退院後のモイちゃんをどうしようか話していたところでした。
猫の介護のたいへんさを話していたので、
僕たちに迷惑をかけないよう一人で逝ってしまったのだと思いました。

病院に着いて、モイちゃんと対面しましたが、
まだ体もあたたかく、本当に眠っているようでした。

先生が棺を用意してくれたので、
大きなモイちゃんをなんとかその棺に入れて家に帰りました。

帰る車の中で、せつさんはずっと黙って窓越しに夜空を見つめていました。

翌日の朝、モイちゃんをチロとジジの隣に埋葬することにしました。

せつさんがガーデンから摘んできたバラとオルレアをモイちゃんに手向けてくれました。
なんだかモイちゃんの横顔が微笑んでいるような気がしました。

IMGP1340.jpg

バラが咲き始めるこのシーズンにモイちゃんが旅立ったのは、
バラの季節になるたびに思い出してほしいと願ったからだと思います。

IMGP1337.jpg

お星様が描かれた新しい棺は、モイちゃんに似合わないと思いました。
僕は泣きながら、モイちゃんを埋葬するために穴を掘りました。

IMGP1345.jpg

真ん中にチロ、向こう側にジジ、手前にモイちゃんを並べました。

IMGP1342.jpg

モイちゃんのお墓だけ、なんだか場違いに立派で、まるで古墳のようでした。

IMGP1352.jpg

モイちゃんは、ドリプレガーデンの初めての猫でした。
僕たちと一緒に川崎から引っ越してきました。

まだ一般公開する前は、ガーデンはモイちゃんの遊び場でした。

003-25ae4-thumbnail2.jpg

たまにお客様がやってくると、尻尾をぴんとあげて、
意気揚々とガーデンを案内してくれました。

テラスでひなたぼっこするのが日課でした。

001-ab991-thumbnail2.jpg

しばらくたって、奥に事務所用の馬小屋ができると、
1階がモイちゃんの生活スペースになりました。

僕たちがパソコンに向かって仕事をしていると
いつもこんなポーズでじっと見ているのでした。

P1010431-thumbnail2.jpg

ちょうどこの頃、テレビ朝日の「人生の楽園」に出演することが決まって
モイちゃんも事務所の中でテレビに出ていましたね。

モイちゃんは本当にチャーミングで、いつもこんなふうに僕たちを和ませてくれるのです。

IMG_0264.jpg

002-80b63-thumbnail2.jpg

大きな体で最盛期は8kgもあって大男のはずなのに、なぜか内股が可愛いのです。

P1010283-thumbnail2.jpg

P1010427-thumbnail2.jpg

なんといっても、どんな猫にも、どんな人にも優しくて、
本当に猫界のダライ・ラマのような猫なんです。

IMG_0865.jpg

IMG_0904.jpg

ピピもモイちゃんのことが大好き。

002-3dfaa-thumbnail2.jpg

コジジもリリーちゃんも、モイちゃんに育てられました。

でも一人になると、ぼーっとストーブを見つめていることもあって、なんだか哲学的なのです。

KIMG0034.jpg

僕たちがイギリスの準備をしていると、
いつのまにかスーツケースにはいってしまうこともしばしば。

002-c6217-thumbnail2.jpg

3年前に重病を患って入院して、やっと退院できたと思ったら、
おむつが離せない状態になってしまって・・・

Photo-thumbnail2.jpg

でもその時は余命7日と宣言されましたが、
奇跡的に3年間も生き抜いてくれたので、本当にがんばったんだなあと思いました。

モイちゃんからは、おだやかに生きることの大切を学びました。
20年以上も一緒に生きてきて、モイちゃんが他の猫に「シャー!」と威嚇したりする姿を
一度も見たことがありません。

素晴らしい猫でした。

埋葬した日の夜、モイちゃんがベッドサイドにやってきて、
元気な時のように尻尾をピンを立ち上げて、ニャーと一声鳴いてから、
2・3度振り返りながら、部屋を出て行きました。

部屋の向こうにはきっと、チロとジジが待っていたのだと思います。
おそらくポタも一緒だろうなあ。

P1030881-a15d5-thumbnail2.jpg

せつさんが静かに言いました。
「きっと私たちが向こう側の世界に行ったら、たくさんの猫たちが待っていてくれるね。
それって、幸せだと思わない。」

僕は涙がこぼれました。

モイちゃんはきっとチロやジジ、ポタと一緒に
「虹の橋」で待っていてくれると思います。

002-e0952-thumbnail2.jpg

モイちゃん、長い間、僕たちを勇気づけてくれてありがとう。

※生前のモイちゃんのギャラリーはこちらからご覧いただけます。



--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人邸ガーデン『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 15:26| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

ニャジ入院!

3日ほど前から姿を見せなかったニャジが、
今日、どしゃぶりの雨の中、帰ってきました。

全身ぼろぼろの上、ずぶ濡れで、ところどころ怪我をしています。

お腹がぺっちゃんこになっていて、
よほどお腹がすいていたのでしょう、
猫ごはんを3パックあっという間に平らげてしまいました。

でも、よーく見てみると、後ろ足をひきずっています。

地面に足をつけられないようで、ニャジがこんなになるとは
いったい、どこで何をしていたのでしょうか。

きっとまた、喧嘩をしてきたのでしょうね。

心配するコチロ

IMG_1531.jpg

リリちゃんも

IMG_1564.jpg

って、ふたりとも、まったく心配しているように見えません(T-T)

でも、ニャジの様子がただごとではなかったので病院へ。

レントゲンを撮ったら、なんと、股関節がはずれているとのこと。
しかも、靭帯を損傷しているらしく、直してもすぐに股関節が外れてしまうのです。
手術が必要とのことで、すぐに手術をしてもらいました。
一週間ほどの入院だそうです。

元気で退院してくれればいいのですが・・・

そんな事件とはうらはらにガーデンではバラたちが咲いています。

IMG_1518.jpg

フランスの大柄な美人さん、アルフレッド・シスレー。

IMG_1517.jpg

こちらもフランスからやってきた、デルバール。

IMG_1537.jpg

テス・オブ・ザ・ダーバービル

IMG_1533.jpg

ライラック・ローズ

IMG_1553.jpg

ミニバラのグリーンアイスも大株になって、もうミニバラではありませんね。

IMG_1545.jpg

こちらの方は、セイント・セシリア、だったかなあ。

IMG_1544.jpg

水仙が早くも咲いてきました。

IMG_1494.jpg

アジサイもガーデンのあちこちに♪

IMG_1501.jpg

宿根草最大級の大きさのアカンサスモリスも♪

IMG_1510.jpg

今は亡き頑固猫のポタが大好きだった、キャットミント。

IMG_1505.jpg

ラムズイヤーが子羊の耳どころから、大羊に♪

IMG_1506.jpg

いろんなハーブが植えてあって、名前がわかりません。

それにしても、君津はカラーで有名ですが、
地植えのカラーって、あるんですね。
水耕栽培かと、ずーっと思ってました。

IMG_1496.jpg

夕焼けがきれいです♪

KIMG0276.jpg

ニャジが早く退院できますように♪

つづく♪

--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人邸ガーデン『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 16:00| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

ようやく♪

鹿騒動のショックで、2週間もブログを休んでしまいました(T-T)
プチうつになって、引きこもっていたのですが、ここにきて明るい話題が♪

4月の新芽の時期にすべて鹿に食べられて、
やっとつぼみが出てきた5月中旬にまた食べられて、
その後、あらゆる対策を講じて、なんとかつぼみを守ってきたせいか、
今、それなりに咲いてきたのです。

KIMG0252.jpg

正門のラジオ・タイムスは、ずーっとつぼみをつけていて、
毎朝、毎晩、鹿パトロールを強化して、なんとかその後の被害は免れました。

KIMG0253.jpg

今日はクラブツーリズムの団体さんがやってこられて、
「草笛の丘バラ園」の野村和子先生もご同行されていました。

せつさん共々、ものすごく緊張したのですが、
野村先生の優しいお人柄に救われました♪

ドリプレのバラたちもほっとしていることでしょう。

IMG_1483.jpg

でも、なんとか、今日、少しは咲いてくれてよかったです♪

IMG_1429.jpg

それにしても、今年はバラ界や植物界の先生方がお見えになるというのに、
鹿の食害という、想定外の事態が起こってしまって、
一時はどうなることかと心配しましたが、
先生方は、みなさま優しくて、ほっとしました。

今日は野村先生、昨日はデビッド・オースチン・ローゼスの平岡先生、
先日の英国王立園芸協会のツアーの時は、
ディズニーランドの植栽設計をされた山本紀久先生と、
園芸界の重鎮ばかりで、本当に胃が痛くなりましたが、
皆さま、実際にお会いすると、まったくの杞憂でした・

IMG_1442.jpg

ドリプレの今年のバラのシーズンはまだまだ続きます。
というのも、鹿が新芽やつぼみをたべてしまったせいで、
強制的にピンチしたようになって、いま、新芽やつぼみがけっこう出ているのです。

IMG_1433.jpg

まだしばらくはバラを楽しめそうなので、
ぜひ来てみてくださいね。

IMG_1449.jpg

黄色い花が華やかなキンシバイも咲いてきました♪

IMG_1479.jpg

鹿の食害の難を逃れたユリも咲いてきました♪

IMG_1460.jpg

セージやハーブは鹿も食べないのですね。

IMG_1468.jpg

池のまわりのガマの穂が、こんなにきれいだとは・・・

IMG_1476.jpg

これはお客様に教えていだきましたが、オダマキ、だそうです。

IMG_1420.jpg

中でも、とても珍しい種類らしいのです。

IMG_1473.jpg

開墾の時に植えたヤナギもすっかり大きくなりましたねえ。

IMG_1447.jpg

僕はうちのガーデンで好きなのは、こういう風景なんですね。

そうそう、今年はもう来ないかなあ、とあきらめかけていた
あの天然記念物の「モリアオガエル」がやってきてくれました。

KIMG0245.jpg

し、しかも、交尾しています。
昨年、モリアオガエルの交尾の写真を撮影したいと
一週間も通い詰めてくれたプロのカメラマンの方も
結局撮れなかった貴重な一枚ですね。
でも、スマホのカメラなので、写りがいまいち・・・(T-T)

ちなみに下にいる大きいほうがメスで、
上にのっかっている小さいほうがオス、らしいです。

うん、なにか、視線を感じるなあと、振り向くと。

KIMG0242.jpg

ニャ、ニャジラが、ワニ目になってるう。

つづく♪

--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人邸ガーデン『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 16:26| 千葉 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

咲き始め♪

さて、問題です♪

IMG_1351.jpg

この肉球は誰でしょう?
(答えは最後に♪)

と、そんなことをやっている場合ではありません。

無農薬でバラを育てるという無謀に挑戦していると
この季節は毎日がドラマです(T-T)

毎日あらわれる強敵をかいくぐって
やっと咲いてくれたバラには、
ねぎらいの言葉をかけるようにしています♪

せつさんのいちばんのお気に入り、
ガードルートジキルは、やはりきれいですねえ。

IMG_1335.jpg

でもね、ドリプレの環境に合わないのか、
なかなか元気に育ってくれません。
やっと咲いてくれると、やはり、きれいだなあ、とつくづく。

IMG_1308.jpg

アイスバーグは、毎年、納屋の壁で上品な花を咲かせてくれます。

IMG_1359.jpg

この方も決して病害虫に強い方ではないので、
気が付くと黒点病になったりするのですが、

IMG_1360.jpg

病弱な乙女のようなはかなさがきれいです。

代わってこちらのアブラハム・ダービーは、強健ですね。

IMG_1334.JPG

大柄で屈強な美女、といった感じ。

IMG_1354.jpg

だいたいどこに植えても、ちゃんと育ってくれます。
でも、背が高いせいかテッポウムシに要注意!

IMG_1353.jpg

アンブリッジローズは、元気な女子高生のようで、
無邪気に集団で咲いてくれるところがうれしいですね。

IMG_1318.jpg

メアリー・マグダレンは、気むずかしい美人さん。

IMG_1309.jpg

さすがにイエス・キリストの最後を看取った女性、
マグダラのマリア様らしく、気高く美しいのです。

ドリプレ・ガーデンの入り口の正門の横も
ほんの少しにぎやかになってきました♪

IMG_1336.jpg

テラスからガーデンに抜ける木の門柱のまわりには、
たくさんの野バラがいい香りを放っています。

IMG_1355.jpg

メインガーデンも、たくさんの宿根草やハーブが咲いて
華やかな雰囲気になりました。
この後、バラ咲いてくれると、もっと華やかになりますね。

IMG_1327.jpg

ドリプレ・ガーデンの名脇役のオルレアがたくさん♪

IMG_1312.jpg

イギリスの種がいつの間にか、こんなにたくさんの
レースフラワーのオルレアを咲かせてくれて感激です♪

そうそう、ラベンダーもいつの間にかがんばっています。

IMG_1326.jpg

ラムズイヤー(子羊の耳)が、気が付くと、
馬の耳みたいに大きくなっていました(T-T)

IMG_1324.jpg

ダッチアイリスの次はジャーマンアイリスですが、
この間の台風でずいぶんと倒れてしまって・・・

IMG_1321.jpg

キッチンガーデンは、矢車草が群植していました。

IMG_1357.jpg

ドリプレの宿根草は、青と白、と決めているそうです。(せつさんが)

アカンサスモリスの大きな葉っぱの上で
小さなアマガエルを見つけました。

KIMG0179.jpg

こういうの、大好きなんです♪

そういえば、天然記念物のモリアオガエルの産卵ももう少しですね。
いつも、バラの最盛期に綿あめのような卵を池の上の木につけるのです。

さて、冒頭の問題の答えは・・・こちらの方♪

IMG_1349.jpg

あ、ニャジラだ!

つづく♪

--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人邸ガーデン『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 15:17| 千葉 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする