2015年05月15日

咲き始め♪

さて、問題です♪

IMG_1351.jpg

この肉球は誰でしょう?
(答えは最後に♪)

と、そんなことをやっている場合ではありません。

無農薬でバラを育てるという無謀に挑戦していると
この季節は毎日がドラマです(T-T)

毎日あらわれる強敵をかいくぐって
やっと咲いてくれたバラには、
ねぎらいの言葉をかけるようにしています♪

せつさんのいちばんのお気に入り、
ガードルートジキルは、やはりきれいですねえ。

IMG_1335.jpg

でもね、ドリプレの環境に合わないのか、
なかなか元気に育ってくれません。
やっと咲いてくれると、やはり、きれいだなあ、とつくづく。

IMG_1308.jpg

アイスバーグは、毎年、納屋の壁で上品な花を咲かせてくれます。

IMG_1359.jpg

この方も決して病害虫に強い方ではないので、
気が付くと黒点病になったりするのですが、

IMG_1360.jpg

病弱な乙女のようなはかなさがきれいです。

代わってこちらのアブラハム・ダービーは、強健ですね。

IMG_1334.JPG

大柄で屈強な美女、といった感じ。

IMG_1354.jpg

だいたいどこに植えても、ちゃんと育ってくれます。
でも、背が高いせいかテッポウムシに要注意!

IMG_1353.jpg

アンブリッジローズは、元気な女子高生のようで、
無邪気に集団で咲いてくれるところがうれしいですね。

IMG_1318.jpg

メアリー・マグダレンは、気むずかしい美人さん。

IMG_1309.jpg

さすがにイエス・キリストの最後を看取った女性、
マグダラのマリア様らしく、気高く美しいのです。

ドリプレ・ガーデンの入り口の正門の横も
ほんの少しにぎやかになってきました♪

IMG_1336.jpg

テラスからガーデンに抜ける木の門柱のまわりには、
たくさんの野バラがいい香りを放っています。

IMG_1355.jpg

メインガーデンも、たくさんの宿根草やハーブが咲いて
華やかな雰囲気になりました。
この後、バラ咲いてくれると、もっと華やかになりますね。

IMG_1327.jpg

ドリプレ・ガーデンの名脇役のオルレアがたくさん♪

IMG_1312.jpg

イギリスの種がいつの間にか、こんなにたくさんの
レースフラワーのオルレアを咲かせてくれて感激です♪

そうそう、ラベンダーもいつの間にかがんばっています。

IMG_1326.jpg

ラムズイヤー(子羊の耳)が、気が付くと、
馬の耳みたいに大きくなっていました(T-T)

IMG_1324.jpg

ダッチアイリスの次はジャーマンアイリスですが、
この間の台風でずいぶんと倒れてしまって・・・

IMG_1321.jpg

キッチンガーデンは、矢車草が群植していました。

IMG_1357.jpg

ドリプレの宿根草は、青と白、と決めているそうです。(せつさんが)

アカンサスモリスの大きな葉っぱの上で
小さなアマガエルを見つけました。

KIMG0179.jpg

こういうの、大好きなんです♪

そういえば、天然記念物のモリアオガエルの産卵ももう少しですね。
いつも、バラの最盛期に綿あめのような卵を池の上の木につけるのです。

さて、冒頭の問題の答えは・・・こちらの方♪

IMG_1349.jpg

あ、ニャジラだ!

つづく♪

--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人邸ガーデン『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 15:17| 千葉 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする