2016年07月15日

はじめに

先日、わざわざ大阪から一人でドリプレガーデンに
いらしてくださった女性がいらっしゃいました。

その方としばらく、開墾時代の話とか、ガーデンを作るにあたっての考えとか
とりとめのないお話をしたのですが、その時、僕のブログの話題になりました。

その方は僕のブログをいつも読んでくださっていて、
しばらく更新していないことを気にされていました。

そして、開墾時代の話をとても喜んでいただいて、
それをブログに書いたらどうかしら、と提案してくださいました。

なんとなく、いつかは開墾時代のことをもう一度まとめておきたいという思いもあったので、
昔々、記録していた「森の生活通信」というブログを読み返してみました。

まさにリアルタイムで開墾時代の話を現在進行中という形で書いていたものですから、
いま、読み返すとずいぶんと恥ずかしい記述もあって、なんともほろ苦いのです。

40代前半のころですからねえ。
20年近く前のことになります。

さて、そんな開墾時代のことを思い出しながら
いま、振り返ってみるのもいいのではないかと思いました。

そして、当時の写真をひっくり返してみて、改めてびっくりの連続でした。
よくまあ、こんなことをやったなあ、と人ごとのように思います。

きっかけは、この方。

51ETN19CM2L._SX338_BO1,204,203,200_.jpg

せつさんが当時、2000年頃だと思いますが、
アメリカにすごいおばあさんがいるのよ、と目を輝かせながら話すのです。

まだターシャ・テューダーさんが、日本に紹介されて間もない頃でした。

忘れもしない、初めて訪れた蓼科のバラクライングリッシュガーデンで買った、
3鉢のオールドローズを川崎の自宅の20坪ほどの狭い庭で育てている時期と重なります。

ko1-1--thumbnail2.jpg

その後、すっかり薔薇に恋してしまったせつさんは、
自宅の狭いガーデンをなんとかターシャさんの庭に近づけようと奮闘していました。

休みの日は陽が暮れても、頭にヘッドライトをつけてガーデン作業をする毎日。
お隣のご主人に「埋蔵金」ですか、と声をかけられたのもこの頃でしたねえ。

その頃、薔薇もだんだん増えてきて、
せつさんが作った自宅のガーデンの薔薇のリストがこちら。

ko1-2--thumbnail2.jpg

自宅のガーデンと屋上に全部で150株ほどに増えていました。
すべての薔薇の品種に実際に育ててみてわかった、
色、香り、樹高、樹姿、耐病性、等々が、びっしりと書かれています。

それでもね、やはりというか、なんというか、
この自宅の庭ではどんなにがんばっても
絶対にターシャさんの庭にはならない、と悟ったようです。

そこからでした。
僕にもまったく想像がつかないような夫婦の新たな物語が始まったのです。

つづく
--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人庭『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
★房総半島の森の中の暮らしを発信「せつさんと夫さんのメルマガ」登録はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 14:56| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

リニューアル♪

6月は予期せぬことがいろいろと続いてしまって、
ブログの更新もすっかり遅くなってしまいました。

いま、ブログのリニューアルを考えていて、
いろいろと過去のブログを見ていたら、
こんな写真を見つけました。

se2-1------thumbnail2.jpg

まだ、ガーデンができる前のなつかしい写真です。

左側の真ん中の三角形の杉の木が現在の池の後ろの左側にある杉の大木ですね。
よーく見てみると、この写真の右側に白い人影が見えます。

これ、せつさんが草刈機で、草を刈っているのですよ♪
ちょうどいまの正門のあたりでしょうか。

そして、右側の写真が現在のカフェテラスのエノキの大木ですね。
昔はこのくらいの大きさしかなかったのに、いまでは倍くらい成長しましたねえ。

もう12年前くらいになるでしょうか。
開墾しているときですから、2004年頃の写真だと思います。

昔の写真と、今の写真を、比較するという企画もありそうですね♪

そんなことを考えながらガーデンを歩いていると

IMGP0057.jpg

ユリがたくさん咲いていました。

IMGP0063.jpg

IMGP0065.jpg

昨年は春先に鹿にユリの芽を食べられてしまって
ほとんどが咲かなくてしまって、本当に困りましたが、
今年は、いろんな対策が功を奏して、なんとかユリも咲いてくれました。

こんな青い花もきれいですね。(名前がわからないT-T)

IMGP0041.jpg

池の睡蓮もきれいに咲いていました。

IMGP0054.jpg

開墾時代、といえば、この開拓小屋も、改めて見てみると、
懐かしさがこみ上げてきますね。

IMGP0073.jpg

懐かしいといえば、こちらの方も、この春、
2年ぶりにガーデンに戻ってきてくれて、まだちゃんと居着いています。

IMGP0045.jpg

せつさんが「ハーマイオニー」と名づけた女の子なのですが、
3年前にウサギをくわえているのを見かけたのが最後でした。

でも戻ってきてくれて、母親のタマちゃんもうれしそう。
よかったね♪

つづく
--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人庭『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
★房総半島の森の中の暮らしを発信「せつさんと夫さんのメルマガ」登録はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 16:22| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

悲しいくらい美しい季節。

IMGP0244.jpg

いつの間にか、アジサイがきれいな季節になっていたのですね♪

といっても、今年のドリプレ・ローズガーデンでは、
まだまだバラが咲いています。

PHOTO_20160607_104315.jpg

つぼみもいっぱいあります。
雨に負けなければ、まだまだ咲いてくれるはず・・・(遠い目)
無農薬バラ栽培にとって、雨は大敵ですからねえ。
一気に病気が蔓延・・・なんてことも・・・(再び、遠い目)

でも今年のドリプレのバラたちはちょっと様子が違います。
まだ、病気はほんの少しだけ。葉っぱも元気。
ちょっと期待してもいいのではないか・・・と油断していると・・・

とまあ、ガーデンの話はいいのですが、
皆様にご報告しておかなければいけないことが・・・

20151101e1dx_G2I9139-thumbnail2.jpg

コチロが薔薇の季節に旅立ちました。

5月10日、薔薇が咲き始めたほんとうに美しい晴れ渡った日に、
チロが待っている「虹の橋のたもと」に旅立ちました。
コチロはガーデンパトロール隊の初代リーダーのチロの子供だったのではないかと・・・。
本当に生まれたばかりの子猫の頃、なぜか納屋にいるところを
当時のチーフガーデナーの民江さんが見つけてくれたのです。

様子が変だと気づいたのは、この2週間前、
ガーデンの隅でうずくまっているコチロを見つけて
病院に連れて行ったところ、「腎不全」だったのです。

その後、短い闘病生活の後、静かに息を引取りました。

本当にいい猫でしたねえ。

P1010751-thumbnail2.jpg

それから、ピピちゃん。

昨年の10月15日、秋バラの季節に、
モイちゃんの待つ「虹の橋のたもと」に旅立ちました。

長い間、糖尿病を患っていて、
毎日のインシュリン注射が欠かせなかったのですが、
その甲斐もなく、どんどんやせ細って、息を引き取りました。

なんで、みんな、薔薇の季節なんだろう。

モイちゃんも、薔薇が咲き始めた昨年の5月15日だったのですよ。

きっと、いちばん美しい、気持のいい季節を選んだのですね。
僕たちの悲しみが少しでもやわらぐようにとの
猫たちの気遣いかもしれませんね。

悲しいくらい美しい季節。

これからも咲き誇る薔薇を見ると、
旅立って行った猫たちのことを思い出すのだろうな。

つづく
--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人庭『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
★房総半島の森の中の暮らしを発信「せつさんと夫さんのメルマガ」登録はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 16:06| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

気がつけば(T-T)

そうなのです。
ブログを更新していない間に、
一ヶ月以上も過ぎてしまいました(T-T)

年初に、今年はブログを毎週あげる、と誓ったはずなのに
すっかりどこ吹く風に・・・

確かに5月は忙しかった・・・ですね。

それと、今、悩んでいることがあって・・・
それは、僕のブログが面白くない、ということ(T-T)

大体において、せつさんのブログは毎週きっちり更新していて、
それも、「人気ブログランキング」では、いつもトップを伺うポジションにいて、
僕のはというと、せいぜい30位くらいで、
内容もどうみても、せつさんの方が面白いし・・・
僕がブログを更新する意味があるのかなあと・・・・

ということで、内容をおもいっきりリニューアルしたらどうだろうとか、
つらつら考えているうちに、つい寝ちゃうんだよね。

ちと、小休止

PHOTO_20160602_165401.jpg

お客様からは、「無農薬バラ栽培」についてとか、
「猫の話題をもっと」とか、よく言われるのですが、
「無農薬バラ栽培」については、まだまだ試行錯誤の連続で
こうしたらいいとか、言えるほどのものは持っていません。ごめんなさい(T-T)

PHOTO_20160602_165524.jpg

これはイングリッシュローズのアンブリッジ・ローズですが、
昨日、6月2日に撮影したものです。
まだつぼみのほうがだんぜん多くて、花は全体の3割くらいしか咲いていません。
この時期にまだ一番花がこの状態なので、
なんでだろうと日々、悩んでいます。
無農薬だからだろうか、とかとか・・・・

「猫の話題」については、これもなかなかに難しくて、
被写体の猫たちのいいカットを撮るには、
猫たちにべたづきにならないとねえ。

IMGP0168.jpg

いま、僕のいちばんのお気に入りは「靴下を履いた女の子:ララちゃん」
なかなかうまく写真が撮れないのですよ。
というか、どうやら僕は猫たちから嫌われているようなのです(T-T)
みんな僕が近寄ると、すーっと逃げてしまいます。

このララちゃんの目つきもなんだか、冷たくないですか。
体が逃げる体制になっていますよねえ(T-T)

じつは心当たりがあって、僕が猫の病院担当なので、
必ず僕が病院に連れて行って、注射やらなんやらされるわけですね。
僕がそういうことをしているわけではないのに、
「パブロフの法則」(これって、犬じゃんか、犬!・・・)で、
僕が猫たちをケージに入れてどこかに連れて行くと嫌な目に会う、
という記憶が猫たちに刷り込まれているに違いありません。

おまけに、おととい、写真がいっぱい記録されたスマホを
どこかに落としてしまって(T-T)
・・・最悪なのです。

そんなこんなで、じゃあどうするか、と悩んでいる今日この頃です。

最近の仲間うちの話題は、この写真

PHOTO_20160602_165709.jpg

この水面の白い花は「梅花藻」という水草なのですが、僕はまったく知りませんでした(T-T)
納屋バザールでおなじみの「モガウッドさん」のご主人から
これはとても珍しい水草なのですよ、と教えていただきました。

そういえば、お客様からも言われたことがありましたねえ。
自分の庭なのに、知らないことだらけなのです(T-T)

とまあ、今日はいつもと違って、とりとめのない話でした。
(え、いつもそうかって・・・ははは、その通り・・)

なんか、新しい切り口を考えないとねえ。困りました。

ちなみに、今、ドリプレガーデンの中で
僕がいちばん気に入っているスポットはこちら。

PHOTO_20160602_170555.jpg

ほとんどのお客様は気がついていないと思いますが、
正門に入る手前の右側にガレージがあって、
そこのつるバラがけっこうきれいに咲いているのです。

どうだろう、週末まで持つのだろうか・・・。

つづく♪
--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人庭『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
★房総半島の森の中の暮らしを発信「せつさんと夫さんのメルマガ」登録はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 15:17| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

ハーマイオニー&船便到着♪

IMGP0327.jpg

なんと、二年ぶりに三毛猫のハーマイオニーが戻ってきました(^^)

大の「ハリーポッター」好きのせつさんが名づけたハーマイオニーは、
すっかりドリプレガーデンに居着いているタマちゃんの娘なのです♪

KIMG0482.jpg

タマちゃんは、4年前、伝説の猫チロに連れられてきた奥さんで、
翌年に、このハーマイオニーともう一匹男の子を産んだのでした。

でもね、その後、チロはガーデンを守るために猪と格闘して命を落とし、
男の子もどこかに行ってしまい、タマちゃんとハーマイオニーの
母娘だけが残って、幸せに暮らしていたのですが、
そのハーマイオニーも、その一年後に姿を見せなくなりました。

タマちゃんだけが、このガーデンに残って、一人寂しく暮らしていて、
僕もすっかりハーマイオニーも旅だったのだなあと思っていたのでした。

一年前、僕がハーマイオニーを見かけたのは、
ガーデンの北の森で、大きなうさぎをくわえて走り去る姿でした。

たくましく生きていたのかもしれませんね。

そのハーマイオニーがすっかり美人になって、
毛並みもよく、健康そのもので戻ってきたことがうれしかった。

タマちゃんもうれしそうで、二人でベンチに座っていたり、
久しぶりの母娘の再会を喜んでいるようでした。よかった。よかった。

そんな小さなうれしいニュースの最中、
イギリスから大きな船に乗って、
どんぶらことたくさんのアンティークが日本に到着しました。

IMGP1234.jpg

すかすかだった馬小屋の奥の倉庫も、

IMGP1239.jpg

たくさんの段ボールで埋まりました♪

でもね、この荷物を引き取るのがたいへんなのです(T-T)

厳しい税関のチェックを受けて、
「輸入許可証」というものをもらわないといけません。

輸入代行業者もあるのですが、
せつさんからの厳しい指令で、僕たちは当初から
すべて自分でやる、という厳しい掟がありまして、
イギリスでの買い付け、日本への発送、通関、引取り、すべてが自力なのです。

IMGP1235.jpg

ガーデンスタッフの方にも手伝っていただいて、
なんとか、69箱の段ボール箱、たくさんの家具等を
東京の大井港から房総半島の山小屋に運びました。

写真が少ないのは、予期せねトラブルで、
カメラのSDカードが壊れてしまい、
たくさん撮りためた写真がすべて取り出せなくなってしまったのです(T-T)

本当は、港からガーデンまで大きなトラックに荷物を乗せて、
ガーデンの駐車場から馬小屋まで小さなトラックに載せ替えて、
という蟻さんのような作業があるのです。

しかしまあ、無事にイギリスから荷物が届いて、感動の再会で、ほっと一息。

そうこうしているうちに、ガーデンは枝垂れ桜が・・・

IMGP0316.jpg

花桃・・・ですか・・・

IMGP0313.jpg

今年もすっかりドリプレガーデンの名物になってしまった、
レースフラワーのオルレアが・・・

IMGP0318.jpg

でも今年は2月に猪がガーデンのすべてを掘り返してしまったので、
ちゃんと咲いてくれるか、とっても心配なのです(T-T)

バラたちも、日に日に葉を大きくしています。

IMGP0303.jpg

今のところ、鹿に新芽を食べられるという最悪の事態にはなっていません。
(絶対に鹿はこないでほしいです!)

IMGP0311.jpg

スノーフレークもまだ頑張っていますね。

IMGP0307.jpg

今年はなぜかとても早いアイリスが咲いていて、
ジャーマンアイリスも咲きかけています。

IMGP0314.jpg

メインガーデンの奥の木にたくさんの蕾があったのですが、
お客様がこれは「ほおの木」ですよね、と聞かれましたが、
・・・・・わかりません(T-T)

4月中旬までは、マグノリアや花桃、ユスラウメ、桜など、
木の花がけっこう咲いてくれて、きれいです。

IMGP0309.jpg

巨大なチューリップもあちこちに。

IMGP0300.jpg

今年の2月に植えた新しい100本のバラも、順調に生育しています。

IMGP0310.jpg

せつさんが自分だけでは間に合わなくなったペンキ塗りを
ガーデンスタッフの阿部さんに手伝ってもらって、
ガーデンの椅子やテーブルもすっかりきれいになりました。

IMGP0317.jpg

4月も後半戦になりますね。
ガーデンもこれからどんどん華やかになっていきますね♪

IMGP0305.jpg

つづく♪
--------------------
★英国アンティーク雑貨のお店『ドリプレSHOP』はこちらから♪
★手作りの個人庭『ドリプレ・ローズガーデン』はこちらから♪
★房総半島の森の中の暮らしを発信「せつさんと夫さんのメルマガ」登録はこちらから♪
--------------------

ポチッとしてくれたら、うれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by 夫 at 16:49| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする